歯の変色が起こる主な原因

   

白かった歯も年齢とともに黄ばんでくるのはしょうがないと思っている人も多いと思います。

歯の変色は大きく分けて、内因性のものと外因性のものがあります。

内因性のものの中には加齢などによるものの他にも、神経を抜いたことによる失活歯、フッ化物摂取によるものやテトラサイクリン系薬剤摂取によるものなどがあります。

また、外因性のものは毎日の歯磨きが足りないことによる清掃不良によるものやたばこを吸うことによるヤニの付着や、コーヒーやワインなど嗜好品の摂取による着色、アマルガムや銀歯など金属によるものまで様々です。

内因性のものは対処が大変ですが、外因性のものについては自分で日々気を使うことによってある程度は抑制することも可能です。

カレーライスやコーヒーなどを頻繁に食べたり飲んだりする場合はその後すぐにうがいをしたり、歯を磨いたりすることにより、色の沈着を減らすことは可能ですし、これらを心掛けることで年単位で考えれば圧倒的な差が出ることは間違いありません。

ホワイトニングをしたり、ホワイトニング歯磨き粉を使っても色移りを気にしなければ効果があまりでないようなときもあります。

一般的なホワイトニング治療時は色移りがしやすい状態にあるために治療時は特に気を使う必要があるでしょう。

また、せっかく歯が白くなっても色戻りしたらもったいないので定期的にケアをするとともに日々の生活でも変色が起こらないように心掛けていくことが重要でしょう。

白く美しい歯を手に入れるだけであなたの印象もまったく違ったものとなりますので、是非ともしっかりと取り組んで美しい口元を手に入れてください。

 - 未分類